インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは、人工歯根、アバットメント

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。

他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

日々のケアが欠かせません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。

インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。

このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。