インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯としてのインプラントはしっかりと

人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。

インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。