インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。

インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実は、かかる費用は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。

入れ歯で食べることに抵抗がある、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。