インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければ

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。

インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。