インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。

周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。

院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術を置いて語れません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。