インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎ

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。