インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。

歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。