インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなけ

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。

治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。