インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケ

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。

全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。

それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。