インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

一口にインプラント治療といっても、段階が大きく

一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。

インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。