インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長年放っておいた虫歯があり、結

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。