インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

誰でもインプラント治療ができるわけではあ

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。

また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

忘れないで欲しいのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。