インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプ

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。

しかし、気に留めておくべきポイントがあります。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。