インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

麻酔のために入院することはまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。

このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。