インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎでは

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。

現実には、治療費といっても歯科医院ごとに差があると考えるべきです。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。