インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント手術の未経験者にとってどれ

インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。