インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どうしても避けられない問題ですが、インプラン

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。

口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

トータルで30万円から40万円と考えてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。