インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ご存じの通り、インプラント治療は

ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。

それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。