インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの手術してからしば

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。