インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

年々利用者が増えてきたインプラント

年々利用者が増えてきたインプラント

その施術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。

インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。