インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

欠損した歯を補う手段はいろいろありま

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

その全額が自費になるのが普通です。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院して手術することはまれです。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。

歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。