インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

治療を始める前に必ず知るべきことですが、

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。

最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探して、問い合わせてみましょう。