インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険

ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。

確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院することはめったにありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。

そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。

治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。