インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を希望する代表

インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。

院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。