インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長い期間と費用をかけたインプラ

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。

他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。