インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブ

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。