インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

金属でできたインプラントを骨に埋め

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費を覚悟しましょう。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

また、できればどの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

歯科治療の一環として、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。