インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。

インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。

歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。

現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで大きく異なります。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。

それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその費用もみておかなければなりません。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、約三千円とみれば良いでしょう。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。