インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。