インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

他の歯科治療同様、インプラント治療

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。