インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

普段よりも静かに過ごすようにして身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。

インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。