インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

現在、インプラントの人工歯根

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。

あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。

忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。