インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

せっかく完了したインプラント治療も治

せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。

しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。

自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。