インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント手術の未経験者にとってどん

インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

インプラントの特長として、安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。

忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質がかなりマイナスに作用します。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。