インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯では噛んだ感じがしな

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。

例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。

確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。

インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。