インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を希

インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。

一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。