インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

これはインプラント治療の大きな

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはほとんどありません。

義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の義歯になる部分を装着します。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。

技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。