インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯がかなり悪化して

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。

感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つとされています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。