インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

安易にインプラント治療を始める

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は高額になることを知っておいてください。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。

インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。