インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントについて、ほとんどの歯科医

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院することはめったにありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。