インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

せっかく完了し

せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。

人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。

他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。

インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けるということも考えていきましょう。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。

広告を非表示にする