インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

トータルで30万円から40万円と考えてください。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。

最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント

ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。