インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント埋

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

麻酔のために入院することはまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。

そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。

広告を非表示にする