インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

「インプラントとクラウンの違いは何

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うよくあるケースのインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。

院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、サボらず毎日のケアを行ってください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。

さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。