インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

理由は様々です

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方もかなりいるようです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。

現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

広告を非表示にする