インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。

また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。

まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。

義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、可能な限りの情報を集めるしかありません。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

広告を非表示にする