インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療によ

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのが大まかなプロセスです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

特に、歯周病顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。