インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療の成果を左右する生活習慣

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。

インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。

他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。