読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

「インプラントって差し歯とは

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。 読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。 天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。 なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そも…

安易にインプラント治療を始める

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。 様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。 周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択す…

ご存じの通り、インプラント治療は保険は

ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。 医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。 医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。 確定申告で医療費控…

手術が成功し、義歯が使えるようにな

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。 使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。 定期検診にかか…

インプラント治療の成果を左右する生活習

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。 インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながること…

インプラント治療では人工物を骨に埋入します

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。 人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。 健康保険が適用されるイン…

人工歯としてのインプラントは安定した

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。 上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安…

入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、

入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。 あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。 入れ歯に比べれば費用はか…

一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30

一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。 地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ…

1年近くもかけてインプラントを定着さ

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。 義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。 歯磨きなどの口内ケアを歯科で指…

これはインプラント治療が最適、とさ

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。 例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った…

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気に

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。 インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます…

一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、

一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。 地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、…

インプラントはメリットの大きい治療法です。け

インプラントはメリットの大きい治療法です。 けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。 まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。 ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。 また、治療の失敗内容によっては健…

忘れてはいけないこととして、イ

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。 特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。 さらに、美容整形を受けて…

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプ

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。 この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。 インプラント…

手術が成功し、義歯が使えるようになっ

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。 特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。 メンテナンスの費用は…

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られまし

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。 このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。 自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近…

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って過ごすように努めましょう。 日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。 傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあ…

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。 この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答に…

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラン

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。 この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です…

これはインプラント治療の大きなメリッ

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。 歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれ…

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。 ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。 まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。 糠喜びにならないためにも知っておきましょう…

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。 この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状…

代表的なインプラント適用のケー

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。 ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。 これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に…

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。 一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。 歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば…

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。 虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。 これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、義歯の土台…

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。 独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されてい…

保険適用外のインプラント治療にもおおよその

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。 標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。 相場は地域によって異なります。 歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療の前に…

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプ

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。 この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えない…

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。 この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。 保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。 それでも…

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れます

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。 長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことが…

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。 その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。 感染症対…

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラ

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。 使用年数は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。 口腔内のセルフケアがおろそかになってい…

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。 虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。 これに対し、抜歯した後は…

厳しい条件をクリアしない限り

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。 医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。 確定申告をするときの注意点として…

新たな歯科医療の形として期待が持たれる

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。 腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響…

インプラント治療で人工歯根の上に

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。 セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッ…

歯科治療の中で、インプラントとク

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。 虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。 これに対し、抜歯した後は、…

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固め

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。 外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られていま…

今流行りのインプラント。一度埋め

今流行りのインプラント。 一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。 口腔内のセルフケアがおろそかになってい…

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎでは

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。 特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてく…

年々進化を続けるインプラントの技術

年々進化を続けるインプラントの技術。 近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。 埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラ…

現状では、インプラント治療ができる歯科医院

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。 ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめる…

全てのインプラント患者にとって、治療費が気になる

全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。 現実には、治療費といっても歯科医院ごとにずいぶん違っています。 保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。 それでも、どの歯科医院…

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨にな

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。 手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。 数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しない…

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんど

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。 どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。 局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。 術後、腫れがでるのに伴って…

どんな治療でもそうですが、インプラント

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。 治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されてい…

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。 麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。 また、インプラント…

厳しい条件をクリアしない限り、イン

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。 医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。 手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。 確定申告で医療費控除を受け…