読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

一本のインプラントを入れるのに、どの

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。 もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるの…

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。 自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨…

インプラント治療はかなりの技術を

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。 失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛み…

がんばって終わらせたインプラント治療も、治

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。 毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診て…

普通、インプラント治療の全部が自費治療

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。 そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきま…

失った歯を再生する治療は何種

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。 他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるの…

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでし

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。 現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。 この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設…

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。 あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが…

ある程度の規模の歯科医院で、普通の

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。 ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重…

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかも

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。 骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。…

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。 当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化して…

外科手術を受けたわけですから、イン

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。 日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。 傷口に負担がかかり、ふさがりにく…

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にと

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。 最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にか…

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、イン

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。 ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっか…

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。 いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。 院…

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。 とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、…

インプラント治療が適用されるケース

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。 ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます…

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。 傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。 残存している…

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなく

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。 ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。 自費診療なので、かなりの額になりますが…

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。 手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほ…

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。 インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから…

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。 ろくに歯磨き…

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。 傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。 残っ…

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。 何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。 糠喜びにならないためにも知っ…

インプラント治療を始める前に治

インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。 この治療の費用は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。 この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。 ただし、おおよそ相場は決ま…

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。 力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。 血行が良くなると、傷口から出…

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用さ

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。 保険がきかない理由ははっきりしています。 インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、…

歯科医によっては、この患者にはインプラント治

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。 しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎる…

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるの

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。 その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとし…

技術の進歩した今では、インプラント手術

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。 人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくといった不具合が起こる可能性もあるのです。 そうし…

インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べた

インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。 それは本当のことではありません。 MRI検査で…

人工物であるインプラントが虫歯に

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。 義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられ…

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリ

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。 インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。 ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上…

どうにかして、インプラントにつ

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。 インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。 …

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これ

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。 これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。 ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの…

様々な条件から、普通のインプラント治

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。 インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけ…

普通、インプラント治療の全部が自費治療なの

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。 それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。 手持ち…

言うまでもなく、インプラントにすれ

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。 小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。 …

インプラントが世の中に定着した技

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。 埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまう…

入れ歯の装着に違和感があるという方、

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。 インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づ…

どんな完璧なインプラント治療で

どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。 毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診…

インプラント治療が、喫煙によって阻

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。 インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。 埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件…

今流行りのインプラント。一度埋

今流行りのインプラント。 一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。 口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラ…

インプラント治療も万能ではなく、基本的

インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。 クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほと…

インプラント治療も医療行為ですが、

インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。 手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。 確定申告をするときの注意点として歯科医で発…

新たな歯科医療の形として期待が持たれる

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。 とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうな…

手術では他の歯に触れていなくても、

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。 人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。 しかし、他の原因か…

インプラントは人工歯なので虫

インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。 インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリー…

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。 その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。 セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現…

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくということも考えていきましょう。 そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。 長…