インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。 ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つです。 院内感染防止は歯科医院で…

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。 見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう…

どんな完璧なインプラント治療で

どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。 日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。 インプラントは虫…

近年市民権を得てきたインプラン

近年市民権を得てきたインプラント。 人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。 陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経…

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。 差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。 これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかっ…

歯科治療の新たな形として注目されているインプ

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。 その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。 セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に…

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるか

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。 人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。 インプラント治療は…

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプ

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。 インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。 一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、…

新たな歯科医療の形として注目されているインプラ

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。 その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。 ろくに歯磨きもしないでい…

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。 従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり…

虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか

虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。 このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。 結構な費用がかかるデメリットはあります…

歯科医でインプラント治療を勧められた方も

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。 ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がし…

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。 ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根…

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なの

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。 かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。 また、それに加えて、費用面の問…

インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性は

インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。 インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。 ケアが完…

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。 セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどう…

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。 独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で差は…

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもし

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。 外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素…

どんな方にもインプラント治療が良い訳

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。 他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。 クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるというのが、多く…

入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だ

入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。 インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の義歯になる部分を装着します。 費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯より…

治療を始める前に必ず知るべきことです

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。 場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原…

入れ歯では噛んだ感じがしない

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。 外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。 ほぼ全て自費診療になるため高くつきま…

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。 手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。 数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは…

インプラント治療によって義歯が使える

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。 まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。 あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントを…

簡単にインプラントとクラウン

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。 差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられま…

全てのインプラント患者にとっ

全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。 実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。 何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。 それでも、どの歯科医院でも同じような材料…

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しい

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。 入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、…

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。 ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。 腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと…

虫歯の危険性は、インプラントにはあ

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。 インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが…

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。 読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。 天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。 ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的…