インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

様々な条件から、普通のインプ

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくということも考えていきましょう。 インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術…

徐々に市民権を得てきたインプラントですが

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。 これはなぜでしょうか。 一つには、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎…

インプラント治療による危険性をいろいろな情報

インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。 それは違います。 MRI検査では、磁場に反応して画像が作られ…

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないとは誰も言っていません。 小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性…

インプラントは人工歯根に義歯を

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。 セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士…

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバット

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。 インプラントは、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。 アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。 他に、アバットメ…

誰でもインプラント治療ができるわけではあ

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。 その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。 保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の…

入れ歯や差し歯に代わる技術として

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。 その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。 これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどう…

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。 これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。 美容整形や外傷などで…

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であ

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。 インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が…

インプラント治療はかなりの技術を要するので、

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。 失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌…

皆さんが気にしているインプラント

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。 とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間…

インプラントとクラウンがどう違

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。 虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。 その一方で、歯を抜いてしまっ…

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。 人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。 健康保険が適用されるインプラ…

最近よく聞くようになったインプラント。差し歯と

最近よく聞くようになったインプラント。 差し歯とはどう違うのか見てみましょう。 読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。 歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。 当然、歯が全く残っていな…

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリ

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。 治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題…

インプラントの手術してからしば

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。 手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。 しかし、他の原因から生…

治療を始める前に必ず知るべきことですが

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。 この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってし…

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。 虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。 根元か…

インプラント手術の未経験者にとってどの

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。 インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。 局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。 術後、腫れが…

普通、インプラント治療の全部が自

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。 それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。 手持ちの…

歯科治療のインプラントとブリッジ、

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。 それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、…

インプラント治療も万能ではなく

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという方に適用されます。 クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者…

多くのメリットを知られるインプラント治療。

多くのメリットを知られるインプラント治療。 でも、デメリットも知った上で選択してください。 第一に、費用は他の歯科治療より高額です。 高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。 また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こ…

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そ

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。 あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。 入れ歯に比べれば費用はかかりますが見…

インプラント埋入手術とは、人工歯

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。 数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっ…

例外はありますが、インプラント治療

例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。 医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。 医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。 確定申告をするときの…

無くなった歯をインプラントで

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。 そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプ…

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。 治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。 劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教え…

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、その

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。 第一に、費用は他の歯科治療より高額です。 高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。 それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起…

インプラントは歯根部がチタン製であることが

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。 インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当…

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブ

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。 インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。 一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削…

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。 まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。 歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能な…

現状では、インプラント治療ができる歯科医院で

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。 けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅が…

皆さんがインプラント治療をためらう

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。 おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で…

現状では、インプラント治療のほとんどは

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。 そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。…

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。 一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもほとんど…

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがイ

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。 数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。 もし…

インプラントは人工歯根に義歯を装着す

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。 セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは…

代表的なインプラント適用のケースは、他

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。 ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と…

インプラント治療が難しいとされる最

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。 義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にイン…

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。 それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。 全ての費…

多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、そのマ

多くのメリットを知られるインプラント治療。 でも、そのマイナス面も知らなければなりません。 まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。 高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。 加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻…

様々な条件によって、インプラント適用になると

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。 けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であ…

インプラント治療を考えているなら、最も重

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。 インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているの…

保険適用外のインプラント治療に

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。 普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。 もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調…

皆さんがインプラント治療に取りかかる

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。 現実には、治療費といっても歯科医院ごとに大きく異なります。 何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。 しかし、材料費や薬剤費などはほ…

インプラント治療にかかる費用を合計すると

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。 相場は地域によって異なります。 歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。 複数の医院の費用を調べて比較検…

どこの歯科医院でも、インプラントが適用

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。 クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多い…

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないと思ったら大間違いです。 傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。 残存している歯と同様に歯間…